工務店・一戸建て(静岡県・浜松市)ならコバケンホーム

工務店,一戸建て(静岡県・浜松市)なら「小林建設」、地域密着型の会社です。大切な買い物は安心・信頼の工務店,一戸建て(静岡県・浜松市)の「小林建設」へ!

神奈川の一戸建てならもくもくはうす

神奈川の一戸建ての「もくもくはうす」は親切丁寧な地域密着型の会社です。一生に一度の大切な買い物は安心の神奈川県の一戸建て・工務店の「もくもくはうす」へ!

免疫療法・がん治療ならミッドランドクリニック

免疫療法・がん治療なら、からだに優しい最先端の「ミッドランドクリニック」。免疫療法で患者様とともに戦います。

  

モンスターカレンダー

« 2011年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

万博でベルギービールの最近のブログ記事

以前にこのブログでご紹介しましたワールド・ ドラフト・マスター世界大会:World Draught Master Competitionの日本での予選とも言えるイベントがなんと9月15日に愛知万博のベルギー・ パビリオンで行なわれるそうです。

このイベントはインベヴ社が主催しているコンテストで、同社のメイン銘柄であるステラ・ アルトワが冠となって1997年に始まりました。
ボトルから注ぐ技術、サーバから注ぐ技術、グラスの洗い方、テーブルへの出し方、サービス方法、泡のサイズに至るまで、 おいしくビールをサービスするためのさまざまな技術が競われるコンテストです。
第8回目となる2004年のコンテストは10月28日にブリュッセル中心にあるテアトル・ヴォードヴィル:Vaudeville Theater で開催されています。

なかなか見る機会も無いと思いますので、もし仕事がなんとか片付いたら見に行きたいな~なんて思っています。
飲食店の皆様、ぜひチャレンジしてみてはいかがですか~。

以前にこのブログでご紹介しましたワールド・ ドラフト・マスター世界大会:World Draught Master Competitionの日本での予選とも言えるイベントがなんと9月15日に愛知万博のベルギー・ パビリオンで行なわれるそうです。

このイベントはインベヴ社が主催しているコンテストで、同社のメイン銘柄であるステラ・ アルトワが冠となって1997年に始まりました。
ボトルから注ぐ技術、サーバから注ぐ技術、グラスの洗い方、テーブルへの出し方、サービス方法、泡のサイズに至るまで、 おいしくビールをサービスするためのさまざまな技術が競われるコンテストです。
第8回目となる2004年のコンテストは10月28日にブリュッセル中心にあるテアトル・ヴォードヴィル:Vaudeville Theater で開催されています。

なかなか見る機会も無いと思いますので、もし仕事がなんとか片付いたら見に行きたいな~なんて思っています。
飲食店の皆様、ぜひチャレンジしてみてはいかがですか~。

昨日急に思い立って、ひさびさに6回目の万博に出かけてきました。
パスポートを持っているのですが、ここまで来ると何だか「修行」気分です。(笑)
連日の大賑わいの報道を見ているとどうも足が遠のいてしまっていました。

今回は子供のために、子供が楽しめるような企業パビリオンに行くのが目的です。
しかしやはり極力並ぶのは嫌なので、万博の携帯サイトで待ち時間を調査。待ち時間がリアルタイムでわかるので、 短めの待ち時間のパビリオンを目指して行きます。これ、本当に便利ですね。

■ケータイでも万博情報

外で待っているときに集中豪雨にやられてえらい目に遭いました。
結局以下のパビリオンに入ることができました。なかなか良かったですよ。
・ ワンダーサーカス電力館
・JR東海 超電導リニア館

その後はIMTSに乗車してやっぱりグローバル・ コモン4へ。
ベルギー・パビリオンにビールを飲みに行きました。

僕は今回初めて2階席に上がりました。(上から1階を撮ってみました)
モブログの通り、ドゥシェス・ド・ブルゴーニュ、そしてヒューガルデン・ホワイトの樽生、そしてフリッツをいただいてきました。

パビリオンの前に人だかり。むむ~軽快な音楽が聞こえてくる。。。でも見えないな~。

横に回ったらようやく見えました。
そうです、前回のアシュフ・デーの時も登場した”The New-Orleans Train Jazzband”の皆さんでした。

ということで明日23日(火)は2回目のアシュフ・デーです。
カフェでラ・シュフを注文した人にアシュフのかわいい赤い帽子がプレゼントされますよ。
明日万博に行く予定のある方は、ぜひこのかわいい帽子をゲットしてきてくださいね。

■前回のアシュフ・ デーの様子

累計来訪者数が1500万人を突破

先日18日に来訪者1500万人の目標をクリアした愛知万博ですが、ベルギー・パビリオンにも400万人もの人々が訪れたそうです。

数字で見てみるとすごいのは、3万2500リットルのベルギービール、75万個のベルギーワッフル、 1日平均600個のアイスクリーム、12トン以上のチョコレートがこれまでに消費されたそうです。
私のところにも万博でベルギービールを初めて飲んだ、という方からたくさんのお問い合わせをいただくようになりました。

そんなうれしい万博も残すところあと37日。
最近暑さを敬遠してあまり足を運んでいないのですが、そろそろ行っておかないとパスポートが無駄になってしまいますね。
まだ企業パビリオンには全然入ってないんです。

しかし発表によると前売券のうち370万枚がまだ未使用のままだそうです。駆け込み大混雑がちょっと心配ですが、 また出かけた際にはレポートしてまいります。

LES AVENTURES DE TINTIN 「タンタンの冒険」 展

今日から万博のベルギー・パビリオンでは「タンタンの冒険」展が開催されます。
タンタンってベルギー生まれってご存知でしたか?
グランプラスのすぐそばにタンタングッズの直営店があるのですが、ベルギーに行ったときはいつも立ち寄ってお土産を買います。(高いですが)
とっても親しみやすいキャラクターで僕も大好きです。

第1回目は忙しくていけそうもないのですが第2回目を狙ってぜひ出かけてみたいと思います。
以下、万博ベルギー・パビリオンのサイトより。

【展示内容】 ベルギーの国民的ヒーロー、タンタンの世界観を中心に、日本語で初めて翻訳された「モノクロ復刻本」 や貴重な映像をパネルと共に紹介致します。

【期間】 第1回目: 2005年7月20日(水)~30日(土)

第2回目: 2005年9月4日(日)~9月16日(金)

【場所】 愛・地球博 ベルギーパビリオン内ビジネスセンター

【主催】 株式会社ムーランサール ジャパン/ 株式会社クリエイティブガレージ共催

【協力】 株式会社福音館書店、アスミック・エース エンタテイメント株式会社

【入場料】  無料

■タンタンのオフィシャルサイト(日本語)

6月20日はベルギー・ルクセンブルグ州の日、ということで愛知万博のベルギー・パビリオンで記念レセプションが行われました。
私のところにもベルギー王国大使館 ワロン地域政府より招待状が届きましたので出かけてまいりました。

ルクセンブルグ州?ルクセンブルグって国じゃなかったっけ?
と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、ベルギーのルクセンブルグ州とルクセンブルク大公国はお隣同士で、しかもスペルも同じ。
じつは1839年のロンドン条約で領土を二分されたという歴史があります。
私たち日本人にはなかなか理解しにくいですが、ベルギーなどヨーロッパの国々が今の形になるまでには本当に複雑な歴史があったんですね。

パビリオン左側の展示スペースは今日一日ルクセンブルグ州の製品の展示が行われています。
昨日モブログで紹介しましたが、もちろんオルヴァルの展示もありました。

写真はルクセンブルグ州ベルナール・カプラス州知事の挨拶。
ルクセンブルグ州の製品を日本で拡売されている方の表彰などもありました。

その後パビリオン内のカフェへ移動。
この日はレセプションのためカフェは貸切となりました。

カフェではルクセンブルグ州の日を記念してオルヴァルのイラストボードをプレゼントするイベントを開催。

ルクセンブルグ州のビール、オルヴァルを中心に出席者の皆さんはベルギービールを楽しみます。
やはりベルギー人のかたがたくさんいらっしゃいます。

私も次から次へと運ばれてくるビールについつい手が出てしまいます。

オルヴァルのほかにもラ・シュフ、マレッツ、ドゥシェス・ド・ブルゴーニュ、、、といろいろ出てきました。
あまり飲まないつもりでしたがかなり酔ってしまいました。(笑)

2時間近くいたでしょうか。
会は流れ解散、、、という感じで、ベルギー人の皆さんたちは会場内の他のパビリオンに向かったようです。
写真は夕暮れの万博会場。

このようなレセプションにご招待いただけて本当にうれしかったです。
これからもベルギービールの大使として頑張っていきたいと思います。

■オルヴァル

■ルクセンブルグ州の醸造所

6月14日に行われた ベルギー・ナショナルデーの様子が公式ホームページで公開されています。

フィリップ皇太子や竹馬のパフォーマンスの様子が良くわかります。
入場できなかったのがますます悔しくなってきますが(笑)、写真をみて楽しみたいと思います。
ナショナルデーに関する記事も載っていましたが、こちらはオランダ語のみでした。

そして私、実は本日もこれから万博へ出かけます。
何しに行くのでしょう???

また夕方よりモブログでお伝えできたら、と思っています。

今回の愛知万博の会場となっている長久手町は、 古戦場が縁でベルギーのワーテルロー市と姉妹都市提携を結んでいます。
その長久手町ではさまざまなベルギーとのフレンドシップ事業が行われているようです。

その一環として町民の皆さんだけに配布されたのがこのフレンドシップバッチ。
ベルギー、日本の国旗、そして長久手町のマーク、モリゾー&キッコロをあしらったとても貴重なバッチです。

なんとこの私のために長久手町在住のA様がわざわざ送ってくださいました。
貴重なものを本当にどうもありがとうございました!大事に飾っておきます。

ベルギーデー式典を開催

それにしても大不覚でした。
昨夜は麦酒食堂 Beer&Bearの皆様とHiokiさんへ行き楽しいひと時を過ごしました。
12時過ぎには帰宅したものの、一人でテレビを見ながらさらに深酒。本当にアホです、いや名古屋弁で言うところのクソタワケです。
朝起きたらすでに7時でした、、、。

会社を出たのが8時、リニモに載るのに大混雑、会場ゲートを通るのに大混雑!
朝来たのは初めてですが、平日でもここまでひどいのか、、と驚くばかりです。

とにかく今日の目的はベルギーのナショナルデーの式典を見ること。
すぐにキッコロ・ゴンドラでグローバル・コモン4へ、と思いましたがここも大混雑。
仕方がないので急いで徒歩で向かいました。

EXPOドームに到着すると、なんと無残にも「配布終了」のアナウンスが~!
しかもキャンセル待ちの分まで全部終了してしまったとのこと。
あきらめきれずしばらくドームの前にいましたが、あまりにも情けないのでまた徒歩で帰ってきました。

む~ん、しばらく立ち直れそうにありません。
行かれた方、ぜひ様子を教えてくださいませ~!

今日午前中に胃カメラ初体験してまいりました。
胃から出血しており胃炎とのことでしたが、もう二度とやりたくないです。
つらいですがしばらく飲み過ぎにも注意します。

さて先日万博ベルギー・パビリオンで行われた”アシュフ・デー” の様子が、アシュフ醸造所のオフィシャル・サイトに掲載されています。
サイトの中で”Chouffe Fans” というコーナーがあり、ファンから送られたアシュフにまつわる写真を掲載しています。
中にはビール評論家マイケル・ジャクソンが醸造所を訪問したときのものもあります。

じつはここに嫁と子供も写っていました。(笑)
アシュフグッズで妖精になったらこちらのフォームから申し込んでみましょう!

■アシュフ醸造所

■アシュフ醸造所オフィシャル・サイト

■アシュフ醸造所(若旦那のベルギー訪問記)

■”The New-Orleans Train Jazzband”の演奏(ビデオ)

MT42BlogBetaInner

ベルギーの時刻・天気

FXfx

ベルギービール大全 新

ベルギービール大全 新
『ベルギービール大全<新>』
(三輪一記+石黒謙吾)
好評発売中!

アーカイブ

Powered By

Powered by Movable Type 4.23-ja

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)

mt4i